弁護士紹介

中里 妃沙子 (なかざと ひさこ)

経歴

 学歴

都立戸山高等学校卒業
東北大学法学部卒業(法学士)
南カリフォルニア大学ロースクールLLMコース卒業
(法学修士)

 職歴

平成7年4月   吉峯総合法律事務所入所
平成15年10月  東京ふじ総合法律会計事務所開設
平成21年7月  弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所開設

 趣味

旅行・・・ですが、
今は忙しくていけないので、ガイドブックを読む&旅行
の計画を立てることで、旅行に行ったつもりになっています♪

 

阿部 栄一郎 (あべ えいいちろう)  交通事故部門リーダー

学歴

平成12年 千葉県私立渋谷教育学園幕張高等学校 卒業
平成16年 早稲田大学法学部 卒業(法学士)
平成18年 千葉大学大学院専門法務研究科(法科大学院)卒業(法務博士)

 

職歴

平成19年12月 スカイ総合法律事務所 入所
平成22年7月  弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 入所

 

弁護士会活動その他公益活動

平成20年4月 東京弁護士会消費者特別委員会研修委員
(~平成21年3月)
平成22年7月 東京弁護士会二一会所属

はじめまして、弁護士の阿部栄一郎と申します。

平成22年7月21日に、東京にある他の法律事務所から移籍して、本事務所で勤務し始めました。
本事務所にいる弁護士と同じように、依頼者の意見や話をできる限り聞いたうえで、依頼者の悩みや問題の解決に当たるよう努力いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

誰でも抱える可能性のある問題について誰でも抱える可能性のある問題について、依頼者と一緒に解決していきたいと考えておりますが、特に、交通事故に関しましては、加害者側の代理人経験もありますので、加害者側の考え方も踏まえたうえで、適切なアドバイスや問題解決をしたいと考えております。

人は、問題を抱えると精神的に不安定になることや感情的になることもあると思います。
このようなとき、弁護士に相談することで、精神的に落ち着くこともあると思いますので、まずは、本事務所の弁護士に相談してみてください。

早瀨 智洋(はやせ ともひろ)

学歴

平成12年3月 宮城県仙台第二高等学校 卒業
平成16年3月 一橋大学法学部卒業(法学士)
平成19年3月 名古屋大学法科大学院卒業(法務博士)

職歴

平成22年12月 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 入所

 

みなさま、はじめまして。弁護士の早瀨智洋と申します。
私は、平成22年12月20日から本事務所で勤務しております。
長い人生では、いろいろなトラブルを避けてとおることはできません。
そして、トラブルに陥ってしまったときには、一人で悩んでいてもなかなか前に進めないことも多々あります。
そのようなトラブルに直面した時に、みなさまのお話をしっかりと聞きベストな解決を導くことができるよう努めて参ります。

早瀬弁護士のブログはこちらから

千屋 全由(ちや まさよし)

学歴

平成11年3月 東京都立戸山高等学校卒業
平成17年3月 東京大学法学部卒業(法学士)
平成19年3月 首都大学東京法科大学院修了(法務博士)

 

職歴

平成20年12月 オーシャン綜合法律事務所 入所
平成24年2月  弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 入所

 はじめまして、弁護士の千屋全由と申します。

平成24年2月より、当事務所の一員となりました。

皆様は風邪を引けば当たり前のように医者に診てもらうと思いますが、法律問題も風邪と似ていて、放っておいてこじらせてしまうと思いの外大変なこととなってしまいます。

万が一困りごとに直面してしまった場合には、
町のお医者さんにかかるぐらいの気持ちで、気軽に、そして早めにご相談いただければと思います

 

渡辺 祥穂(わたなべ さちほ)

学歴

 私立横浜雙葉高等学校卒業
 お茶の水女子大学生活科学部卒業
 慶應義塾大学法科大学院卒業(法務博士)

職歴

 平成23年12月 みどり合同法律事務所入所
 平成24年12月 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所入所

弁護士会活動その他の公益活動

平成25年4月 東京弁護士会民事訴訟問題等特別委員会(研修員) 

趣味

 ショッピング、ヨガ、掃除

 はじめまして。弁護士の渡辺祥穂(わたなべ さちほ)と申します。

平成24年12月に、静岡県の法律事務所から移籍し、当事務所の一員となりました。
大学では発達臨床心理学を専攻して幼児教育や母子関係について学び、その後数年の社会人経験を経て、弁護士になりました。

様々な経験をすることが、様々な状況におられる皆様のお気持ちやお立場を理解することに役立つと思いますので、今後も積極的に、多様な経験を積んで参りたいと思います。

事件に取り組む際は、民事事件・刑事事件ともに、安心してお任せいただけるよう、皆様が抱えていらっしゃる不安や悩みをできる限りお伺いし、お一人お一人に丁寧に向き合い、対応させていただきます

事案により、適切な解決方法は異なりますので、それぞれの状況に応じた最善の解決が図れるよう、努力致します。

どのような問題でも、お気軽にご相談下さい。
 

中村 重樹(なかむら しげき)

nakamurasennsei.jpg

学歴

平成 16年 私立西大和学園高等学校卒業
平成 21年 東京大学法学部卒業

平成 23年 京都大学法科大学院卒業

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、このたび私は、弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所に入所し、弁護士としての第一歩を踏み出すこととなりました。依頼者の皆様のお気持ちを何よりも大切にしながら、

皆様の抱える様々な問題と誠心誠意向き合い、皆様に心から満足していただくにはどうすればよいかをとことん追求し続けたいと思っております。

そして、皆様から信頼される弁護士に一日でも早くなれるよう、常に高い目標を持って、日々研鑽を積んで参る所存でございます。

浅学非才の身ではございますが、「ソレイユ」の一員として、皆様がより笑顔により明るくなっていただけるように全力を尽くして参りますので、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

 

飯塚予始子(いいづか よしこ)

inuduka.jpg

学歴

大阪府立大手前高等学校 卒業
東京大学教養学部総合社会科学科相関社会科学 卒業
東京大学法科大学院 卒業

職歴

平成24年12月 日本司法支援センター(法テラス)のスタッフ
弁護士として、法テラス東京法律事務所配属
(東京ゆまにて法律事務所にて養成)
平成26年1月  法テラス多摩法律事務所配属
平成26年5月  弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所入所
みなさま、こんにちは。
弁護士の飯塚予始子(いいづか よしこ)と申します。
ご縁あって、平成26年5月1日より当事務所の一員となりました。
みなさまは、何かトラブルに巻き込まれたとき、どうされますか?
まずは自分の力で原因を探ってみる、誰か信頼できる人に相談してみる、ただ時が過ぎ去るのをじっと待つ…など、それぞれの解決方法があると思います。

 

いずれにせよ、トラブルを抱えると、まるで大きな「お荷物」を抱えながら日々過ごしているかのようで、精神的にも肉体的にも疲労困憊してしまうのではないでしょうか。
このようなみなさまのトラブルを法的側面から解決するお手伝いをするのが、私たち弁護士です。
もっとも、トラブルは、法律だけで解決できるものではありません。

みなさまが抱く不安、恐怖、疑問の原因を探り、お一人お一人の状況に合わせた最善の解決が何かを考えながら、最後にはご自身で「納得(時には諦めも必要かもしれません。)」できることが、本当の解決につながります。

そのため、私は、ご相談いただいた方のお話にじっくりと耳を傾け、これまでの経験や知見をふまえたアドバイスをさせていただきながら、一緒にトラブル解決の糸口を探っていけるよう努めております。
「お荷物」を少しでも軽くしたいと思われたときには、お役に立てることがあるかもしれません。ぜひ一度、当事務所に足を運んでみてください。

 

 

池田佳謙(いけだ よしかね)

ikeda.jpg

学歴

平成17年3月 神奈川県立七里ガ浜高等学校卒業
平成21年3月 法政大学法学部法律学科卒業
平成24年3月 神戸大学法科大学院卒業

職歴

平成26年12月 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 入所
はじめまして、弁護士の池田佳謙(いけだよしかね)と申します。
私は、平成26年12月より当事務所の一員となりました。
さて、長い人生を歩んでいく上で、悩みはつきものですよね。
それは、ご自身の個人としての人生でも、会社等の法人の人生でも同じことだと思います。
悩みや不安が生じたとき、一人で抱え込むことは得策ではありません。なぜなら、その問題は、時間の経過と共にこじれていき、次第に解決困難となるからです。
また、友人や親族だけに相談することもお勧めできません。なぜなら、人と悩みを共有することで心は軽くなりますが、客観的には何も変わっていないからです。
悩みや不安が生じたとき、そんなときは、どうぞ我々にご相談ください。弁護士は「社会生活上の医師」といわれています。

 

体調を崩したとき、病院にいくのと同じように、人間関係上のトラブルや財産上のトラブルが生じたときは、当事務所に足を運んでみてください。
ご相談にいらした際には、ご依頼者様のお話をじっくりと伺いながら、現在の状況を明らかにしていきます。
その上で、ご依頼者様のお気持ちに寄り添って、共に最良の解決策を模索し、ご提案させて頂きます。ご依頼者様の人生が好転するよう、全力を尽くしてサポートさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

齋藤健一郎 (さいとう けんいちろう)

齋藤 健一郎

学歴

 平成6年  3月福島県立安積高等学校卒業
 平成10年3月東京大学理学部生物化学科卒業
 平成22年3月人事院短期在外研修
        ジョージ・ワシントン大学客員研究員

職歴

 平成15年10月東京地方検察庁、大阪地方検察庁刑事部、公判部(租税対応部)、水戸地方検察庁、千葉地方検察庁、福島地方検察庁等において勤務
 平成23年5月東京地方検察庁特別捜査部財政経済係
 平成23年11月防衛省防衛監察本部統括監察官付
 平成25年7月法務省刑事局付
 平成26年1月シティバンク銀行コンプライアンス部門Vice President
 平成28年4月丸の内ソレイユ法律事務所 入所
はじめまして
弁護士の齋藤健一郎(さいとうけんいちろう)と申します。この度ご縁を賜り、当事務所の一員に加えていただくこととなりました。
平成15年に検察官として法曹の道を歩みだして以降、刑事事件のみならず、中央省庁や外資系金融機関等においてコンプライアンス、企業法務等の多数の案件を経験し、多くの方から暖かいご支援をいただきながら研鑽を積んで参りました。
今後も、いかなる案件であっても、常にお客様の立場にたち誠実に取り組み、最善の成果を得ることができるよう 鋭意努力して参る所存です。何卒、皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

中川翔伍 (なかがわ しょうご)

中川 翔伍

学歴

 平成17年3月千葉県立木更津高等学校卒業
 平成21年3月明治大学法学部法律学科卒業
 平成24年3月中央大学法科大学院修了

職歴

 平成27年12月丸の内ソレイユ法律事務所 入所
はじめまして
弁護士の中川翔伍(なかがわしょうご)と申します。
このたび私は、当事務所に入所し、弁護士として執務を開始することとなりました。
私の短い人生経験の中で、時折、人がなかなか見せようとしない「痛み」に触れる機会がありました。
当初は「何かできないだろうか」という漠然とした気持ちでしたが 次第に人間の本質は、あえて「痛み」と向き合うところにありそのためには、「痛み」に飲み込まれない強さを備え具体的な解決方法の提案ができなければなりません。
この挨拶状を読んでくださった方とお会いし様々なことを勉強させていただければ幸いです。
私といたしましても、一つでも多くのことを皆様から学べるよう 弛まず怠らず精進して参ります。
ご指導ご鞭撻賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

立山大就 (たてやま ひろゆき)

立山 大就

学歴

 平成16年3月東京都立科学技術高等学校卒業
 平成23年3月獨協大学法学部国際関係法学科卒業
 平成26年3月学習院大学法科大学院修了

職歴

 平成27年12月丸の内ソレイユ法律事務所 入所
はじめまして。
弁護士の立山大就(たてやまひろゆき)と申します。
この度、一年間の司法修習を終え、当事務所で弁護士としての第一歩を踏み出すこととなりました。
15歳の春、友達を助けることのできなかった悔しさから自分が守りたい人を守れる人になろうと決意しました。
当時の私は科学者になって大気汚染の問題を解決しようと考え理系高校に進学しました。
それで多くの人が守れると思ったからです。
結局、科学者の道は半ば にして挫折しましたが今でも誰かを守りたいという思いに変わりはありません。 
当時の年齢と同じだけの月日を重ねて、まさに人を守る仕事、弁護士になることができました。
しかし、弁護士になり思うのは、資格があるから守れるのではなく守るために行動するからこそ人を守れるのだという
当たり前のことでした。 「正義」とは何かについては論争のあるところです。
それでもなお、人を守ることに正義は必ずあると信じています。
寡聞少見の身ではございますが、15の自分に恥じることのないように日々精進してまいりますので、
ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

 

弁護士事務所は、決して敷居の高い場所ではありません。

悩みがあるときには一度ご相談ください。

【相談料・着手金無料】交通事故後遺障害の無料相談。 相談料・着手金0円 まずはお問い合わせください。 03-5224-3801 営業時間:平日9:00~18:00(土日応相談) 弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所(JR東京駅4分)
メール受付